がんばろう福島・がんばろう東北・がんばろう日本

東日本大震災、その後の東京電力福島第一原子力発電所事故による避難や風評被害など、福島県は今様々な苦難のときにあります。ラジオ福島東日本大震災情報センターと皆様との架け橋ブログです。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  八木志芳
tag : 
こんにちは、八木志芳です。

また更新が空いてしまいました・・・スミマンセン。


さて、

先日、スタジオに
シンガーソングライターのHARUさんが遊びに来てくれました!


DSCF1632_convert_20110918151950.jpg

HARUさんはテレビのオーディション番組で、
カナダ人歌手 ダニエル・パウターさんに選ばれ
2008年にデビュー。

このたび、2枚目のアルバム
「29 to 30」(にじゅうきゅう と さんじゅう)
がリリースされました。

曲を聴くとハスキーで甘い歌声なので、
普段はどのようにお話するのかぁ、と思っていたのですが、
そのままの素敵な声で気さくに応えてくれました。


インタビューでは
デビューのきっかけから
アルバムに込められた思い
そして、「うたうたい」と「大工」(HARUさんは大工でもあるんですよ!?)の共通点
についてお聞きしました。



この模様は、
9月25日(日) 夜11時~
KAGAMIDA TOWN
で放送します♪

是非聞いて下さいね。
スポンサーサイト
Category :  八木志芳
tag : 
おはようございます。
八木 志芳です。



昨日放送の
「日曜ラジオエッセイ」
は聞いていただけましたか?

まず、エッセイでは
須賀川市在住の全盲の奥様
高畑幸子さん
にお話いただきました

高畑さんご夫妻は共に全盲ですが、
二人のお子さんがいらっしゃいます。

今回は、そのお子さんたちの
お話をしていただきました。

お子さんともどもお元気そうで何よりです♪




「志芳の笑顔の輪」
には、
大熊町で理容室を営んでいた
高崎かほるさん
にご出演いただきました。

今、高崎さんは、会津若松市の仮設住宅で生活しながら
週に1回、会津若松市に設置された
大熊町の仮役場で髪を切るボランティアをしています。

仮設に移ったことで周りとの会話が少なくなってしまった方の
「憩いの場」ともなっている高崎さんのボランティア。

高崎自身もお客さんと話すことで元気をもらっていると
おっしゃっていました。


もう一度高崎さんに髪をきってもらいたいという方は
会津若松市役所 追手町第二庁舎内にある
大熊町役場の「大熊町商工会」
に行ってみて下さい。

高崎さんが髪を切っているのは
火曜日です!



さて


番組では
メールを募集しております!

番組の感想やリクエストなどをお寄せ下さい。
メールアドレスは
essay@rfc.jp
です。

皆様のメールをお待ちしています。
Category :  八木志芳
tag : 
お久しぶりです。
八木 志芳です。

更新が滞ってしまってスミマセン。
また今日からこのブログでも情報を発信していきます!!


さて、


昨日(8/29)放送の
「日曜ラジオエッセイ 心つないで」
お聞きいただけましたか??


エッセイには
会津美里町在住の
大石邦子さんが出演しました。

民主党代表選挙の話から、大和田アナに対する話などしていただきました。


様々な病気と闘ってこられた大石さんだから発せられる
説得力のある言葉や、思いやりのある優しい言葉たちに
共感された方も多いのではないでしょうか。


大石さんは、多くの本を出版されていますので
気になる方は「大石邦子」で検索してみてください。



私のコーナー「志芳の笑顔の輪」では
大熊町商工会 会長 蜂須賀礼子さん

にご出演いただきました。

蜂須賀さんは常磐線の大野駅前で
「フラワーショップはなさく」を営んでいました。

現在は、会津若松市に拠点を移し
商工会のメンバーとともに、
新しいお店を始めるため活動しています。

震災発生から現在までのことを伺ったのですが、
印象的だったのは1次帰宅で、震災後初めてお店に戻ったときのお話です。

残っていたお花は、当然のごとく枯れていたそうですが、
お店の前の鉢にあったお花が唯一残っていたそうです。

植物の生命力はすごいですね。

また人が戻ってこられるようになるときまで
咲いていてほしいです。



番組の最後でもお話しましたが、
この番組にもメールアドレスができたんですけれども・・・

まだ一通もメールが来ていません(涙)

番組の感想やリクエスト曲、
八木へのダメだしなど何でも結構ですので
お気軽にお寄せ下さい!


メールアドレスは
essay@rfc.jp
です。



Category :  八木志芳
tag : 
おはようございます。

八木志芳です。


震災から5か月立ちますが
まだまだその影響は強く残っています。

その中で、悩ましいものの一つに
風評被害があります。


そんな風評被害に苦しむ福島県産品を
応援しようと立ち上げられたのが

負けるな福島応援ショップ
福島屋商店

です。

こちらは、
このサイトのためのNPO
「NPO法人プロジェクト福島屋商店」
の皆さんが手掛けています。

理事の内藤清吾さんに
お話を伺いました。

内藤さんは、
エヌケー・テック株式会社
というIT関連の会社の代表です。


福島県の産品が
風評被害で取り扱ってもらえないという現状にあるなか、

有難いことに
福島県のものを応援したいという方も
沢山いらっしゃいます。


そこで、
「生産者」と「応援してくれる人」を結ぶ手段が必要だと考え、
このサイトができたそうです。


ちなみに、集められた商品は
味にも自信があるものばかり。

産品によっては
生産者からのメッセージ
が閲覧できます。


作っている人がどんな人か
具体的にわかると安心感がましますよね。


なお、福島屋商店の応援団長は
西田敏行さん。
力強い、応援団長ですね!

福島屋商店のサイトでは
西田さんのメッセージ動画も見られます。



まずは、サイトにアクセスしてみてくださいね。
Category :  八木志芳
tag : 
こんばんは。

八木志芳です。



今日は、
「夢」のある企画をご紹介します。

その名も
Dream Cake Project
です。


DreamCake=夢ケーキとは
子供たちが紙に描いた夢(将来なりたいものetc)を
本物のケーキにするというものです。


このプロジェクトを考えたのは
長野県のお菓子屋さん
菓匠Shimizu
専夢取締役シェフパティシェ 清水慎一さん
(ムの字が「夢」!!)


清水さんは
子供たちが犯す悲しい事件などを見て、
「もし、家族でケーキを食べる時間があったらそんな事件は起こらないかも」という思いから
「ケーキで人を幸せにすることをしたい」と考えていました。

その中で、
「子供たちが夢を描くことで、目標を持ち、輝けるように」と
『夢ケーキ』というアイディアに行きついたそうです。


今は被災した子供たちに夢を描いて欲しいと
被災地を回っています。

先日は、福島県のお菓子屋さんと協力して、
県内でイベントを開いてくれました。


今後も、被災地を回る予定があり、
また、「来てほしい」という要望には
できるだけ応えたいということです。


子供たちに素敵な夢をプレゼントしたい方は、
こちらから
連絡してください。


子供たちがどんなケーキを作るのか、
私も見てみたいです。
Category :  八木志芳
tag : 
こんばんは。
八木志芳です。

私は、先週末桧枝岐村に行ってきました。

8月6・7日と行われた
「第19回 桧枝岐村真夏の雪まつり」
司会を担当させていただいたんです。

お祭りの写真をたくさん撮ってきたので
改めてこのブログでご紹介します♪



一昨日の
「日曜ラジオエッセイ~心つないで~」
は聞いていただけましたでしょうか?

エッセイは、
福島県骨髄バンク推進連絡協議会のお一人
志賀としえさん
のお話でした。


志賀さんは、今回の震災で
大事なご家族を津波に奪われています。

志賀さんの今の心境などをお話いただきました。


そして、


いわき市植田中学校の特別支援学級の卒業生が作った
棟方志功の作品にまつわるお話をお聞きしました。


「志芳の笑顔の輪」
では
ディジュリドゥ奏者
シギハラテツヤさん
がスタジオに来てくださいました!

シギハラさんは
郡山市出身ですが、
SARATOGA
というバンドを結成し、東京で活動されています。

そのシギハラさんが
故郷「郡山」を盛り上げるため
8月15日に
「風と音」
という音楽イベントを行うということで、
開催の経緯や趣旨などを直接伺いました。


シギハラさんはこのイベントを
「みんなで集まり語り合う場」にしたいそうです。

音楽が好きという方はもちろん、
これからの福島について多くの人と意見を交わしたい方も
いかれてみてはいかがでしょうか?


8.15 世界同時多発フェス連動イベント 「風と音2011」
2011年8月15日(月)


■会場: 郡山FreeWayJam
■料金:FREE
■時間:17:00(OPEN/START)



ちなみに、シギハラさんが演奏する
「ディジュリドゥ」
という楽器は、オーストラリアの原住民の民族楽器で
とても不思議な音がします。

その音も生で感じてもらいたいです!


Category :  八木志芳
tag : 
こんにちは、八木志芳です。

ここ2・3日は気温がぐっと下がりましたね。
急な変化に、風邪を引いた方もいらっしゃるようです。

皆さん、体調管理には注意してくださいね。



昨日(7/31)放送の
「日曜ラジオエッセイ~心つないで~」
はお聞きいただけましたか?


エッセイでは、
銀嶺食品工業株式会社 代表取締役社長 大橋雄二さん
のインタビューをお届けしました。

以前、ラジオ福島でパーソナリティをしていたこともあるので、
大橋さんの声を聞いて「懐かしい!」と思った方も
いるのではないでしょうか。

ご存じない方に、ご説明させていただきますが、
大橋さんは、難病などのために、左足を切断され
車椅子で生活をしている「車椅子の社長」です。


3月11日の地震発生時は東京にいた大橋さん。
普通の人でも福島に戻るのが難しいときに、
車椅子の大橋さんがどうのうにして帰ることができたのか、

さらには、震災直後の
銀嶺食品工業の社員の皆さんの行動などについて
お話いただきました。



又、大橋社長について書かれた本、
「【大橋雄二 いのち 共生 放射能】『笑う門には福島来たる』」
が7月25日に発売されたということで、
本についても伺いました。

本は現在、県内の書店で購入可能ですので、
見かけた際は、ぜひ手にとって見てください。


ちなみに、以前いただいて銀嶺食品のパンを食べたのですが、
とてもおいしかったです。




「志芳の笑顔の輪」では
7月23日~25日に行われた
相馬野馬追の取材をお届けしました。


私は初日の7月23日に行ったのですが、
初めて見る騎馬武者たちは
とても迫力があり格好よかったです。

今年は開催すら危ぶまれれいました。

参加している方々の胸のうちには
喜びや悲しみなど様々な思いがあったと思います。

その思いが、騎馬武者の一挙手・一投足に現れている気がしました。

↓御行列の様子
CIMG2829_convert_20110801163451.jpg

↓騎馬武者が被っていた兜。頭の装飾は龍のほかに、カマキリなどもいました。
ちなみに、ついている装飾は、騎馬武者の「好み」で決まるそう。
CIMG2865_convert_20110801163613.jpg



「日曜ラジオエッセイ ~心つないで~」
毎週日曜日の午前11時30分~放送です。


番組で取り上げて欲しい「人」や「団体」などがありましたら
essay@rfc.jp
までメールでお知らせください。




告白しますが、




番組が始まってまだ一度もメールが来ていません(涙)

あなたのメールが第一号になるかもしれませんよ!
ぜひ送ってください!!!
Category :  八木志芳
tag : 
おはようございます!

八木志芳です。



夏の高校野球・福島大会も
終わってしまいましたね。

自分の母校や、地元の高校の応援に行かれた方も
多いのではないでしょうか。


自分の住んでいる土地にゆかりのある物や人って、
良く知らなくても愛着がわいてしまいますよね。

そんな「大好きな土地」「慣れ親しんだ土地」に
住み続けたいと思うことは、とても自然なことです。



しかし、今は
様々な要因で住み続けることが難しくなっています。


その要因の一つに

「仕事」

が挙げられるのではないでしょうか。


職がないために
大好きな土地から離れてしまうことがないよう、
この度、いわき市
「いわき市就職応援サイト」
をオープンしました。


これは、
いわき市内の求人情報が
インターネットで閲覧できるサイト

です。


このサイトは、
今日7月29日にオープンということで、
いわき市商工労政課 坂本さん
サイトの特徴などをお伺いしました。


「いわき市民の就職支援のためインターネットを活用しよう」
ということで、設立されたこのサイト。

インターネットから見られるので
ハローワークが遠い方などは
気軽に求人情報をみることができますし、
今はいわきを離れている人も
このサイトに掲載されている求人がきっかけで
いわきに戻ることができるかもしれません。


さらに、
このサイトでした得られないような情報(人事担当者の声、等)
もあります。



就職活動中の皆さんは
まずここからサイトへ行ってみてください。


このサイトをきっかけに、
「ウチでも人を募集しているんだ」とか、
「いわき市に事業所を開こう!」という企業が
現れてくれたら嬉しいですね。


求人を掲載したい企業は
いわき市 商工観光部 商工労政課 (Tel) 0246-22-7478
へお問い合わせください!
Category :  八木志芳
tag : 
おはようございます。


突然ですが、
皆さんの今年の夏の楽しみは何ですか?

高校野球、
ビアガーデン、
花火・・・など
いろいろあると思いますが、
「夏祭り」
に力を入れている方も多いのではないですか?


来週末は県内で
「福島わらじ祭り」「郡山うねめ祭り」「平七夕まつり」と
様々な祭りが行われます。


その祭りと同じ日の8月6日(土)に福島市では、
「踊って福島を盛り上げるイベント」が開催されます。


その名も
「ディスコイベント」



イベントを企画したのは
県内で広告広報イベントなどを手がけている
Berry Luの壱岐昭子さん
です。


元々、このディスコイベントは
「大人の遊び場を提供する」という目的で
震災前から行われていたのですが、
今回は復興への願いをこめて
8月6日(土)に開催となりました。


そのイベントに、今回はゲストに
ブラザートムさん
が来るんです!

ブラザートムさんといえば
DA BUBBLEGUM BROTHERSとして、
日本のディスコシーンを盛り上げたお一人。


壱岐さんがメールで出演をお願いしたところ
「福島を盛り上げるためなら」と
快諾してくれたそうです!


タイミングが合えば
トムさんと一緒に踊ることができるかもしれません!


会場は、福島市内の3箇所で、
以下のとおり、会場によって流れる音楽が違うそうです。

A会場:AREA559………70~80年 ソウルトレイン
B会場:アドニードビル…80年代 ユーロビート
C会場:c-moon…………90年 ダンス甲子園


イベントの詳細は、こちら(←Click)からご確認ください。


チケットは上記の3会場とインターネットで購入できます。



8月6日(土)は、県内各地で
熱い「踊り」が見られそうですね!
Category :  八木志芳
tag : 
こんにちは。


連日30度前後の暑い日が続いていますね。
北海道出身の私は、
暑さにめっぽう弱いのですが
節電のため、
できるだけクーラーはつけないようにしています。


今年は
節電の大切さや
普段の電気の使い方、

そして、

電力そのものについて
いろいろと考える年になりました。


そこで、今改めて注目されているのが
自然エネルギーを使った発電です。


自然エネルギーの代表といえば
太陽光発電ではないでしょうか??



その太陽光発電設備を
幼稚園・保育園に寄贈しようというプロジェクト
「第13回そらべあスマイルプロジェクト~ご当地版・被災地支援編~」
が現在行われています。


こちらは、
太陽光発電の普及・啓発活動を行っている
NPO法人そらべあ基金
のプロジェクトです。



NPO法人そらべあは
普及活動の一環として
太陽光設備を各地に寄贈してきましたが、

今回は東日本大震災の支援活動として
応募できる幼稚園・保育園を
東北3県(福島・宮城・岩手)に限定したそうです。



ちなみに、太陽光設備とは
ソーラーパネルを含む電気を作る設備のことだそう。


自分の通っている幼稚園・保育園の電気が太陽光発電だと、
子供のころから自然エネルギーについて
考えるきっかけになるのではないでしょうか。


自分の幼稚園・保育園に欲しい!という方は
こちらに応募方法が載っています。


このプロジェクト以外にも
福島県内で支援活動を行う予定があるそうです。
ありがたいですね。



ちなみに、そらべあ基金には
とってもカワイイ白熊のマスコットがいるんです。

マスコットはそらべあ基金のホームページで見ることができますよ。

ぜひ一度覗いてみてくださいね。




最後に、無理して節電して
熱中症にならないように注意してください!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。