がんばろう福島・がんばろう東北・がんばろう日本

東日本大震災、その後の東京電力福島第一原子力発電所事故による避難や風評被害など、福島県は今様々な苦難のときにあります。ラジオ福島東日本大震災情報センターと皆様との架け橋ブログです。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  佐々木瞳
tag : 
6月11日ー。
震災から、3ヶ月がたちました。
この日、ラジオ福島では、特別番組を放送しました。

3ヶ月後
福島県はどのように変わっているのか、また変わっていないのか、
相馬、南相馬で深野アナウンサーが中継を行いました。

まずは相馬です。
画像 011

深野アナウンサーは、3月12日にここへ中継・取材のため、来ていたそうです。
震災後、すぐということで、磯とヘドロの匂いが凄かったと話していました。
画像 013
3ヵ月後たった今、少し磯の匂いがするものの、車も人も通行できる状態になっていました。
ちょっとずつですが、復興へ近づいているのかなという印象を受けました
画像 014

松川浦にやってきました。
まだ船が何隻も道路に乗り上げていたり、車が浸かっているなど、震災の爪あとは残ったままです。

画像 029

しかし、そのような相馬市を復興させようと、頑張っている方がいます。
その一人が中継にも出演してくださった、相馬市のホテル 喜楽荘のご主人 只野光一さんです。

県立自然公園 松川浦観光協会の会長さんでもあります。

画像 043
画像 044

松川浦を絶対に復興させると力強くお話されていました。
画像 039
只野さんの想いに目頭が熱くなりました。
只野さんの姿に励まされました。

続いて向かったのは、
相馬地方総合卸売市場です。
6号線を走ってきたのですが、相馬地方総合卸売市場へあともう少しというところでかなりの渋滞・・・

なぜ!?
と思ったら、なんと!!みなさん、その市場へ向かっていたのです。
中へ入ってみると、かなりの行列です!
画像 048

みなさんのお目当ては・・・
画像 058
無料で生活用品を頂けるそうで、なので
画像 050
このような行列なのですね。

この「市場まつり」を考えた 東京のつきじウーマン 粟竹さんです。
画像 067
大変明るい方でした。
県外からのこのような支援、本当に嬉しいですね。

そのあと、並んでいる方々にも深野アナウンサーがお話を聞いていました。
画像 071

市場をあとにし、向かったのは南相馬市です。
画像 094
津波にも負けなかった木を発見しました。

画像 087
震災で通れなかった道が、橋が架かって通れるようになっていました。
復興への一歩ですね。
画像 086

南相馬市原町区に入りました。
画像 129
悲しいことに電柱は倒れたままでした。
画像 137
まだ震災当時のままのところもあります。

中継地点を探しに、深野アナウンサーと住宅街へ
そこで出会った田部さんにインタビューに応えて頂きました。
画像 158
田部さんは、アスパラガスを栽培している農家さんです。
今回の震災で、苦労されていることなどお話してくださいました。
とても気さくな方でした。


そのあと、南相馬原町区萱浜地区で、鎮魂祭が行われました。
画像 221

サックス、クラリネット奏者の坂田明さんによる演奏も行われました。
画像 174
参列者の中には
生後2ヶ月の赤ちゃんの写真を持ったご夫婦もいました。

「助けられなくてごめんね・・・」といった言葉に胸が締め付けられました。
赤ちゃんはまだ行方が分かっておらず、青森に住んでいるそのご夫婦は今も週末になると赤ちゃんを探しに南相馬市へ来るそうです。

何も終わっていないのだと感じました。

辛い現実と向き合いながら、頑張っている方々がいることを実感した1日でした。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。