がんばろう福島・がんばろう東北・がんばろう日本

東日本大震災、その後の東京電力福島第一原子力発電所事故による避難や風評被害など、福島県は今様々な苦難のときにあります。ラジオ福島東日本大震災情報センターと皆様との架け橋ブログです。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  がんばろう
tag : 
5月21日(土)に、 相双地区を訪れた
ラジオ福島 飯田記者による
現在の様子のレポートです。
↓↓

①南相馬市鹿島区北屋敷で水稲への影響を調べるために行われた田植え。
農家民宿「もっけの幸」小野田等さん。

農業体験や直売などで全国から支援の声。
IMG_0820_convert_20110523073914.jpg

②来た人にはピンクの旗にメッセージを書いてもらっている。
今回の試験田植えにも東京から応援団が駆けつけた。
IMG_0822_convert_20110523074018.jpg

③海に近い鹿島区北屋敷は津波の被害も大きい。
田んぼには農機具がいくつも転がっていた。
本来なら田植えが行われていてもおかしくない田んぼには
たくさんの土砂が流れ込み、油のせいか赤褐色に変色している場所も。
IMG_0825_convert_20110523074148.jpg

③道路はすでに瓦礫は撤去され車の通行も可能だが
何本もの電柱が折れ曲がったまま放置されている。
IMG_0832_convert_20110523074607.jpg

④田んぼの真ん中の巨石。
もともとあったのかと見えるが
水路をふさぐようにあることからも
津波でここまで運ばれたことがわかる。
IMG_0835_convert_20110523074248.jpg

⑤津波で1階部分を破壊された家屋も多く
家族総出で瓦礫の撤去をしている姿もあったが
どこから手をつけていいのかわからないような家も多数ある。
IMG_0838_convert_20110523074442.jpg

⑥国道六号より東側、海よりも走りまわると
相馬市内では田植えをしている風景も。
ただひとつ丘を越えると、風景がガラッと変えることも。
津波被害特有の建物も無く立ち木も無く、
ただ雑然とした根から彫り返されたような木や
それがどんな形をしていたのかわからなくなったひしゃげた鉄骨などが
目に飛び込んでくる。
そこは今でも潮のにおいがのこっている。
IMG_0840_convert_20110523074710.jpg

⑦相馬市百尺観音。
遠くからでも拝むことが出来るようにと
つくり続けられている観音像。
印を結んでいた左手は地震で崩れさった。
IMG_0849_convert_20110523074820.jpg

⑧新地駅。
流れた線路、折れ曲がった電車は撤去された。
残った駅も、町内から集められた瓦礫の山に隠れて見えない。
IMG_0851_convert_20110523075225.jpg
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://rfcgamba.blog60.fc2.com/tb.php/357-24738d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。